生活習慣と便秘の関係

便秘は誰もが一度は経験したことのある病気ですが、これが慢性化したり悪化すると、体に大きな悪影響を及ぼす可能性がありますので、いつもの便秘だから、と放っておかずに、できるだけ毎日快便できるように心がける必要があります。便秘になる理由には、生活習慣と大きな関係がありますので、便秘になる原因をまず理解し、便秘改善の最適な手段を見つけるようにしましょう。

便秘には、機能がうまく働かなくなることが原因で起こる「機能性便秘」と、病気の為に起こる「器質性便秘」、薬の服用によって二次的(副作用)に起こる「薬剤性便秘」の3つに大きく分けられます。便秘に悩む多くの方が、機能性便秘が原因と言われており、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスを受けることによって、大腸がうまく機能せず、排便がスムーズに行われなくなります。ダイエットや偏食で食事の量が減り、水分や食物繊維の量が不足すると、便の量も少なくなり、排便が上手くいかなくなります。

また、運動不足によって筋力が落ち、大腸が便を送り出す力が足りずに便秘になりやすくなります。あるいは、現代ではストレスを抱える人も多いとされていますが、ストレスを受けることによって、便秘と下痢を繰り返す症状が引き起こされます。これには自律神経が関係しており、消化器系の働きを担う自律神経が乱れてしまうと、大腸が上手く機能しなくなる為です。まずは生活習慣を見直し、機能性便秘の原因を取り除くことが便秘改善への一歩となります。