機能性便秘の特徴とは

機能性便秘には、大きく「一過性便秘」と「習慣性便秘」の二つがあります。一過性便秘とは、一時的にストレスを受けた時等に起こる便秘を指し、習慣性便秘とは、生活習慣による原因でぜん動運動が上手く働かずに起こる「弛緩性便秘」と、肛門直前の大腸部分である直腸に問題があり、運動神経が鈍くなることにより便が排泄されなくなる「直腸性便秘」、ストレス、疲労等の原因で腸が痙攣し、腸管が狭くなる為に便が溜まってしまうことによって排泄されにくくなる「痙攣性便秘」があります。

機能性便秘の改善方法として、主に食生活を含めて生活習慣の見直しを中心に行うことから始めましょう。特に、習慣性便秘にならないようにするには、三食のバランスのとれた食事や食物繊維や水分をしっかり摂ること、適度な運動をすることが大事なポイントになります。大腸の動きを活発にすることによって、スムーズな排便を促すことができます。また、しっかりと睡眠をとり、体を休めてリラックスできる環境におくことも機能性便秘改善の良い手段になります。

ひどい便秘の場合は一時的に薬を使って排便するのも良いですが、それでは抜本的な解決とは言えません。早めの対策をとるようにしましょう。